• 新卒採用情報

TOMOKO KITTAKA

EMPLOYEE INTRODUCTION

真空技術があってこそ、
最先端のプロセス開発ができる。
研究・開発

橘高 朋子

技術開発部
自然科学研究科 数理物理科学専攻
2016年入社

真空技術があってこそ、
最先端のプロセス開発ができる。
Q1
志望理由・入社理由は?

アルバックの事業内容と社風に魅かれました。学生時代、私は薄膜の研究をしており、日々の研究を通じて真空技術の強力さと偉大さを感じていました。最先端の研究において、真空技術を使わない研究はないといっても過言ではありません。そのような真空技術を核に事業展開している会社であれば、技術者として誇りをもって働くことができると思いました。また、若いうちからさまざまな経験を積むことができると聞き、技術者として腕を磨いていくことを期待できたことも理由のひとつです。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

私の所属する技術開発部は、よりよい製品の開発に向け知恵を絞る部署です。また、事業部と協力しながら事業部が抱えている課題の解決にも日々取り組んでいます。その中でも異色な、デバイスの開発試作が私の仕事です。デバイスをつくるための装置を生み出す会社でありながら、なぜデバイスそのものをつくるのかと不思議に思われるかもしれませんが、実は装置受注に貢献する重要な仕事です。お客様の求めるデバイスをアルバックの装置を使って実際につくってみせることで、よりお客様のニーズに合った提案ができます。お客様とアルバックをつなぐ大切な役割なので、気を引き締めて臨んでいます。

Q3
仕事のやりがいや魅力は?

お客様の求めるデバイスに応じて、どういったプロセスを組み合わせればよいかを自分たちでデザインできる点が、非常に面白く魅力的です。デバイスの開発試作を行うには、アルバックに存在するさまざまなプロセス(スパッタリング、エッチング、CVD、蒸着など)をよく理解しておくことが重要です。若手の私は、新たなプロセスや装置を勉強する毎日。自分のデザインしたデバイスをお客様に見てもらう日がくるのを夢見て、早く一人前の技術者になれるよう日々積極的に学んでいます。

Q4
アルバックで働く魅力は?

アルバックは、若いうちからさまざまなことにチャレンジさせてくれます。経験の浅いうちからチャレンジというと不安に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、上司や先輩は親身に相談に乗ってくれますし、丁寧に指導してくれます。安心して挑戦できる環境であることも魅力の一つではないでしょうか。また、アルバックの技術者は皆、自分の技術の話になるととても楽しそうに話します。これは技術者として素敵なことであり、このような仲間とともに仕事ができることに喜びを感じます。

Q5
学生さんに伝えたいメッセージは?

アルバックの事業内容には興味があるけれど、果たして自分に装置に関係する仕事ができるのだろうかと不安に思われる就活生も多いと思います。しかし、それはあくまでも今までの知識や経験の中だけで判断していること。学生時代にやったことのないことだからこそ、仕事を通じてチャレンジしてみませんか。そういった気概が技術者には必要であると私は思います。アルバックはチャレンジする人を応援し、同時にフォローもしっかりしてくれる会社です。そんなアルバックで、一流の技術者をともに目指しませんか。