• 新卒採用情報

HIRONORI CHATANI

EMPLOYEE INTRODUCTION

ディスプレイの製造装置開発を通し、
お客様の生産プロセス改善に貢献する。
研究・開発

茶谷 宏紀

超材料研究所
総合理工学部 物質科学専攻
2007年入社

ディスプレイの製造装置開発を通し、
お客様の生産プロセス改善に貢献する。
Q1
志望理由・入社理由は?

学生時代に実験で使用していたのが、偶然にもアルバック製の真空ポンプでした。それがきっかけでアルバックという会社の存在を知りました。その出会いがなければ、入社していなかったかもしれません。私は、アルバックが真空を用いた技術を通して、さまざまな社会の課題に挑戦している会社だと知り、そこに魅かれ、最終的に入社を決意しました。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

タブレットやスマートフォンなどに使用されているディスプレイを製造するためのCVD装置・プロセスの開発に取り組んでいます。新たなディスプレイを製造するための課題を解決することや、お客様から依頼のあった装置仕様を達成することなどを目標に、日々実験や解析を行っています。

Q3
仕事のやりがいや魅力は?

アルバックなら、社内の実験からフィールドでのお客様対応まで、幅広く携わることができます。お客様からいただいた課題に対して、自ら検証した内容をお客様に説明し、実際に生産プロセスを改善することができたとき、お客様からも認めていただけたという達成感とともに、この仕事のやりがいを感じます。

Q4
仕事で心がけていることは?

課題に対して、モデルを立てて検証を行い、得られた結果からモデルにあっているかどうかをしっかり分析するように心がけています。装置の改善に取り組む際、改善したという思いから、得られた結果を良いように捉えてしまうことがありますが、実際に起きている現象と得られた結果を統計的に照らし合わせて、本当に効果があったのか判断していくことが大事なのです。

Q5
職場の雰囲気は?

和気あいあいとした職場です。多くの部署が協力し合って一つの仕事を進めることが多いため、部署を超えたコミュニケーションが必要ですが、関係者同士気兼ねなく話し合える雰囲気があります。また、休みの日には、有志で趣味のダイビングやスノーボードなどに出かけることもあります。