• 新卒採用情報

AKIHIRO OKURA

EMPLOYEE INTRODUCTION

「必ず少しでも何かをよくする」
その積み重ねが、大きな成果を生み出す。
技 術

大倉 章弘

規格品事業部
工学研究科 電気電子システム工学専攻
2007年入社

「必ず少しでも何かをよくする」
その積み重ねが、大きな成果を生み出す。
Q1
志望理由・入社理由は?

企業説明会で、アルバックの真空技術の応用の広さに興味を持ちました。また、新しいことに挑戦する会社の姿勢を感じたこと、説明会で社員が自身の経験や考えを当時学生だった私にわかりやすく説明してくれたことから、アルバックによい印象を持ち、入社しました。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

スパッタ用電源の開発を主に担当しています。回路設計やソフト設計、最終的に製品として出荷されるまでの評価を自分で行います。出荷時にどのような検査するかなどの生産技術も学べる業務です。また、製品のPRや技術的なご相談を受けるため、お客様を訪問することもあります。何もないところから製品として完成するまで、スパッタ電源のモノづくりを幅広く経験できる業務です。

Q3
仕事のやりがいや魅力は?

ゼロから製品として出荷されるまでの全工程に関わることができる、それがやりがいにつながっています。すべてに携わるので、コストを抑え信頼性のある製品を出荷するためにはどうしたらよいか、売れる製品にするためにはどんな工夫が必要かなど、技術と営業の両側面で自分のアイデアを製品に活かしやすいところが最大の魅力です。それが功を奏し、達成感を味わうことが、さらに技術的な知識を深め、お客様のニーズにもっと敏感になろうとする原動力になっています。

Q4
仕事で心がけていることは?

製品を開発する上で特に心がけていることは、「必ず少しでも何かをよくすること」です。技術進歩には偉大な発見や斬新なアイデアが必要であるとは思いますが、よりよいモノを生み出すには、日々のちょっとした改善の積み重ねが大事であり、それが大きな成果に結びつくと考えています。これは業務を通じで実感していることでもあります。改善し続けることは簡単なことではないですが、そのための努力や挑戦を前向きにとらえるようにしています。

Q5
職場の雰囲気は?

とても明るい職場です。私は年齢的にちょうど真ん中くらいで、先輩、同期、後輩がいますが、板挟みで業務が進めにくいと感じたことはありません。困っている人がいれば助け、誰の意見でもしっかり耳を傾ける、そんな雰囲気があります。業務ではさまざまな困難がありますが、チーム全体として改善していく姿勢やパワーが非常に強いので、みんなで力を合わせて乗り越えています。一人ひとりが自分は何をすべきかを考えて行動し、協力しようとするチームです。このチームの経験が自分の強みにもなっていると思っています。