• 新卒採用情報

TAKASHI OWADA

EMPLOYEE INTRODUCTION

より良い製品を生み出していくために、
企画から積極的に関わる設計者に。
設 計

大和田 貴志

産業機器事業部
工学部 機械工学第二学科
2007年入社

より良い製品を生み出していくために、
企画から積極的に関わる設計者に。
Q1
志望理由・入社理由は?

もともとアルバックという会社は知っていましたが、その存在を知っているだけでした。就活中に参加した合同説明会にアルバックが出展していたので訪問したところ、そこで聞いた「真空」について率直に興味を持ちました。それが志望理由です。単純に「おもしろそう」という気持ちでアルバックを選びました。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

機械設計を担当しています。設計といっても、業務は製品の企画にまでおよびます。コスト、機能などの条件を満たすシンプルな設計を行うことはもちろんのこと、製品の企画から積極的に関わることが大切だと感じています。設計者目線だけでなく、トータルでみてよい製品をつくりあげることをいつも心がけています。

Q3
仕事のやりがいや魅力は?

机上でどれだけ検討を重ねても、理論と現実のギャップが必ずあります。そのギャップをいかに検討段階でしっかり埋めることができるかが、キモになってきます。実際に装置を動かし、ねらい通りの性能が確認できたときに、仕事のやりがいや充実感を覚えます。時には思惑通りにいかないこともありますが、検討経緯等から何故うまくいかなかったのか、どうすれば問題を解決できるか、試行錯誤を繰り返しながら装置をつくりあげていきます。仕事のたびに新しいことを経験し、勉強していける、ルーチンワークにならないことも魅力の一つです。

Q4
仕事で心がけていることは?

ちょっとしたことでも一つひとつの仕事から今後に活かせる何かを得て、次に進もうと心がけています。実際その積み重ねが自分の力になると思っています。また、仕事は一人ではなくチームでやっていることを忘れずに、その中で自分はチームのために何をすべきかも意識するようにしています。

Q5
学生さんに伝えたいメッセージは?

就活にあたり、やりたいことが明確になっている方もいれば、そうでない方もいると思います。よい意味で考えすぎず、興味をもった道に進み、具体的なことはやりながら見つけていくというのも楽しいと思います。