• 新卒採用情報

KOSUKE HOSHIYA

EMPLOYEE INTRODUCTION

組み立てて終わりじゃない。
今後の改善案を見出し、進化をもたらす。
製造・検査

星谷 光祐

半導体装置事業部
ものづくり工学科 情報通信工学コース
2016年入社

組み立てて終わりじゃない。
今後の改善案を見出し、進化をもたらす。
Q1
志望理由・入社理由は?

初めてアルバックを知ったのは、学生時代に実験で真空ポンプや真空計を扱った時です。その後、さまざまな会社が製品を紹介する展示会でアルバックブースを見学する機会がありました。真空技術を扱う業界の中では一歩先の技術でものづくりをしているんだな、と感じたことが応募のきっかけです。入社の決め手は、採用面接で先輩社員たちが私の人柄や経験をじっくり聞いてくれたことで、自分が働く環境がイメージできたことでした。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

私の所属している部署は装置の立ち上げが主な業務ですが、製造に関するさまざまな業務も幅広くこなしています。現在の担当業務は手順書整理のための半導体製造装置ENTRON-EXの改造、検証業務です。グローバル化・一体化を積極的に取り入れているアルバックでは、手順書をもとに作業を進めることで、装置に不慣れな人でも一定品質の装置をつくることを可能にしています。手順書を書く上で装置の理解は必須。若手社員にとっては苦労の多い作業ですが、図面や実機を元に手順書を完成させたときは達成感と同時に技術者としての成長を感じます。

Q3
アルバックで働く魅力は?

新人にも仕事を任せてくれるところが魅力です。私自身も、新入社員研修が終わり、現在の部署に配属されてすぐに試作品の組立改造作業を任されました。当然、先輩方の助けを受けながら作業を進めましたが、さまざまなトラブルがあり、一筋縄ではいきませんでした。作業終了後もトラブルをまとめ、今後よりよい装置にするための改善点を報告するまでが技術者の仕事だと教えられました。私が出した改善案が役立ち、現在その装置が無事に動いている姿を見ると頑張った甲斐があったと感じます。

Q4
学生時代に学んでいたことを活かせたことは?

学生時代は電気回路、電波伝搬工学などを学んでいました。そのため、入社してから装置自身が出すノイズで、装置が停止してしまうというトラブルが発生した際、特に指示がなくとも配線の綺麗な引き回し方やアースの取り方などの細かい点に気を付けて対処することができました。先輩からも褒められ、学生時代の知見を活かせたこの経験によって、少し自信がつきました。直接的に生かせることは多くありませんが、ふとした時に細かい点に気付けるかは、学生時代に学んだことが効いてくるんだと社会人になって感じています。

Q5
学生さんに伝えたいメッセージは?

学生のときしか得られない経験や喜びがあるように、社会人になり仕事をする中でしか得られない経験や喜びがあると感じています。なので、今しかできないことをやっておくべきだと感じます。就活するにあたっては、「研究開発が楽しそう」「現場作業は辛そう」「企画職がよさそう」など自分の想像だけで判断せず、実際にその場で働く人たちの声を聞くことをおすすめします。焦らず自分のやりたいことに対して悔いの残らない就活にしてください。