• 新卒採用情報

MASANORI FUKUYO

EMPLOYEE INTRODUCTION

高度技術を生み出す日本のモノづくりを
文系という立場から支援していきたい。
本社・共通

福代 真規

経理部
国際総合科学部 国際総合科学科
2015年入社

高度技術を生み出す日本のモノづくりを
文系という立場から支援していきたい。
Q1
志望理由・入社理由は?

私は高度技術を生み出す日本のモノづくりを文系という立場から支援したいと考えました。
大学時代、会計学を専攻していたので、製造業の原価管理の面から日本のモノづくりを支援することが出来ると考え、地元神奈川県から今後ますますグローバル展開を進めていくアルバックを志望しました。入社の決め手となったのは、採用面接で感じた雰囲気の良さです。

Q2
現在の仕事内容や担当業務は?

経理部は会社の活動全般を数字に表すことが仕事。グループ会社も含めたアルバックグループ全体の財政状態および経営成績を的確にまとめ、決算発表をしています。私が所属する原価管理課では、アルバック単体の決算を取りまとめています。その中で私が担当しているのは、建物、機械装置などの固定資産に係る経理処理や、装置生産に係る原価管理、開示関連業務などです。OJTで業務を引き継ぎつつ、さまざまな実務を経験しているところです。

Q3
仕事のやりがいや魅力は?

経理部の数ある業務の中でも社外に公表される「開示資料の作成」は重要な業務の一つです。有価証券報告書や決算短信といった開示資料は、投資家をはじめとする多くの方がアルバックの価値を判断するために参照する資料です。そのため、計算ミスや情報開示の誤り、遅れはアルバックの社会的な信用の失墜に直結します。緊張感のある決算期の業務ですが、やりがいを感じています。また、経理部は会社の動きを数字で客観的に表現するため、業務を通して会社の動向を肌で感じ取れるのも魅力です。

Q4
仕事で心がけていることは?

原価管理課はアルバック単体の決算を取りまとめているので、経理処理に困ったさまざまな部署から日々相談を受けます。業務の多くは自部署だけでは完結できません。担当業務を円滑に遂行するためにも、社内はもちろん社外関係者とも積極的にコミュニケーションを図るよう心がけています。

Q5
将来の夢や目標は?

経理部での経験を活かし、将来は海外グループ会社へ赴任するなど、グローバルに活躍できる人材になることが目標です。そのためには早く一人前になり、原価管理課の業務だけでなく、経理部全体の業務を把握することが大事だと考えています。支払関連や連結決算など周辺業務も理解し、「アルバックの数値なら何でも私に聞いてください」と言えるように、日々一つずつ経験を積み重ねています。